FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68章 『近況報告』

更新サボってすいません。
お久しぶりです、皆さん明けましておめでとうございます。



最近、ニコ生での放送活動が全くできておらず、リスナーさんにも
『ぱちゃめどうしたんだ』 『一体なにがあった』 等の声を頂き、
心配かけてるんだな、と反省し、同時に申し訳なく思いました。


『邪悪なるフラグと戦う勇者○○の放送』という枠の中で、一部始終を話したのですが、
そのときに居なかったプレミアムでないリスナーさんのために、こちらのブログにて

ざっと説明しておこうと思います。



まず、『悪魔のフラグ』とは何なのか、これについてです。


去年の暮れ、もうすぐ年も明けるな~~ と、寂しさ募るある日のことです。


バイト先のコンビニにて、あるお客さん(後に悪魔となる女性)に「レシートはいりません」と言って返された紙が
レシートではなかったんです。。 そのお客様の連絡先だったのです。

当然、気持ちは嬉しかったです。

しかし、書いてある連絡先がアドレスではなく、電話番号のみ・・w

…連絡しづらいですよね??


なのでぼくは連絡をしなかったんです。ずっと。

すると、常連客なだけに、ぼくの仕事のあがり時間まで分かっていたらしく
いつしか、バイトが終わり店を出ると待っていたり。ストーカーみたいな事をするようになりました。


そんな状況で迎えた元旦、1月1日。

バイトを終え、帰ろうとすると、店の前で友人と待っていた悪魔。。

『一緒に初詣いきませんか?行くかどうか、後で連絡してください』と言われ、

あまりにくどいので、ぼくは電話でハッキリと『迷惑なのでもうやめてください』と断りました。

※このとき、184をつけずに発信してしまったことが悪魔の仲間を呼び寄せる結果に繋がる。。


そしてしばらく。。
悪魔が教えたのか、とうとう悪魔の友人から電話がかかってくるようになりました。

『この子もがんばってるんだから、少しは気持ちを組んであげてよ・・』 みたいなガキみたいなことを言われたのです。。ハァ・・・。

そんなこんなで、悪魔とその仲間達を同時に相手しなければならない日々が始まり、
精神的に参っており、仕事の動きにも影響が出始めていたようで、その異変に気付いたのが
同じバイト先の後輩の女の子(後に天使となる女性、以下:あずにゃん)でした。


『ぱちゃめさん最近どうしたんですか?いつもみたいな元気がないですよ?』

こんなことを言われ、こいつすげえと思いつつ、唯一気づいてくれた人だということで、
大まかに自分の状況について話したのです。

するとあずにゃん
『じゃあ、私がぱちゃめさんの彼女役やりますから、そしたらきっと悪魔も諦めますよ!』と。

ぼくは素直に気持ちが嬉しかったですし、頼ろうと思いました。

が。。


しかし。。。


もしそんなことをして、
悪魔がぼくではなくあずにゃんの方を攻め始めたらどうしよう。。と、考えたわけです。


そしてその考えをあずにゃんにぶつけました。
するとあずにゃん、
『そんなこと気にしないで下さい。きっと大丈夫ですから。』と。

実は、だいぶ前に、あずにゃんが仕事中にお客様のお弁当に付いてるマヨネーズを一緒に温めてしまい
爆発させてしまったことがあったんです。
そして、当時新人だった彼女のミスを上司に言うと、絶対怒られてめんどくさいことになるなあ、と考え
あずにゃんが可哀想に思えたので、ぼくがそのミスをしたことにして、オーナーに謝ったことがあったんです。

どうやらあずにゃんはそのことに対するお礼の気持ちもあって、ぼくの役に立ちたかったらしいです。


そしてぼくは決心しました。
そこまで言ってくれる後輩が現れたことだし、何かが動くならば、やってみる価値はあるだろう。と。



一方、悪魔はというと、
その後も攻撃に衰えはなく、遂にぼくの家まで突き止められてしまいました。

よる、コンビニにポテチを買いに行くのもままならない、というやつです。


しかし、おかげで、悪魔の動きもだいたい掴めてきたので、
その動きに合わせてあずにゃんと一緒に登場し、

『なんですか??ぱちゃめは私の彼氏なので、こんなことをしないでくれませんか??』と、

悪魔に対して絶望の一言をお見舞いしてやる作戦を練り、
数日後に決行しました。


それからというもの、
悪魔のぼくに対するストーカー行為はなくなりました。


めでたしめでたし。。。


。。。。



そうは問屋が下ろしません。


そう、予想していた通りの、悪魔の分岐に話は運ばれて行ったのです。

あずにゃんに対する嫌がらせ、ストーカーが始まります。


それを聞き、
『自分のせいで、結果的にあずにゃんを巻き込んでしまった、申し訳ないことをした』と、ぼくは思いました。

あずにゃんは平気を装うけど、まだ成人もしていない一人暮らしの女の子。絶対怖いハズですよね。

声真似で唯をやってるからというわけではないですが、
自分のために危険を冒してまでここまでやってくれた後輩あずにゃんを、今度は自分が悪魔から開放してあげなきゃだめだ。 そう感じました。


ここから、ぼくの望みもしない半同棲生活が始まります…。
悪魔の出現時間帯は分かっていましたし、どのように現れるかもだいたい分かってました。
なので、それに先回りして、ぼくが悪魔を止めに入る。そんな感じです。



長くなりましたが、これが現状です。
放送をなかなかできない原因です。
読んでいて分かったかもしれませんが、そうです、家にもあんまり帰れてません。






悪魔は何がしたいのか、わかりませんが、
おそらく、ぼくと話したい、そして束縛して周りから隔離したい そんなとこでしょう。

なので会いに来ても、数十分から数時間説得すれば、追い払えます。


しかし、こんな状況、あずにゃんもきっと怖いでしょうし、
なにより、あずにゃんの性格からして、自分のせいでぱちゃめがこんなことになっている、と
考えなくもなさそうです。

なので、完全に開放するために、
もう、あずにゃん宅を出て、あずにゃんには内緒で自分が悪魔との同棲をすべきなのか…
もうそれしかないのか… 等と最近ずっと悩んでいます。


何人がこの記事を読んで下さったのかわかりませんが、
よければご意見、助言下さい。

ただ、警察沙汰にすると、それこそ後々面倒になりそうなので、
ぼくは警察以外で考えてます。 最近の警察って働いてくれないですし;;


以上、報告でした。     ぱちゃめ
スポンサーサイト
プロフィール

ぱちゃめ

Author:ぱちゃめ
SA:[1]ぱちゃめ..*
雀龍門:ぱちゃめ

AKB48篠ちゃん推し隊の元特攻隊長(自称)
AKB48ガチヲタ卒業後の現在,ソロで活動するぱちゃめ王国の大勇者。(得意技は特攻)
芸能界で待ち受ける数多くの魔物を退治すべく、彼は一人その世界へ飛び込んだ... 果たして彼の運命は!?

【趣味】
オンラインゲーム(SAと雀龍門)
ギター
懐かしいもの
甘いもの

とけい♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
律ちゃん(*´-`)♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。